「今まで通りの生活様式」から、「新しい生活様式」への転換が必要とされている昨今にぴったりの、VR(Virtual Reality)を活用した、「新しい物件案内様式」をご存知でしょうか?

●  まるでその場にいるような物件体験

●  非対面での物件案内

●  物件内見のために、時間と場所に縛られない

●  図面だけではない細かい情報も網羅

●  CG家具を組み合わせて、ホームステージング提案も可能

…といった、快適でスマートな物件案内・内見が可能になる、新しい内見のスタイルです。

 

 


そもそもVR(Virtual Reality)とは?


VRVirtual Reality(バーチャル・リアリティ)
日本語では仮想現実とよく言われます。

360°パノラマ写真やCGを使って3次元空間を創り出し、空間の疑似体験ができ、
ゲームなどアミューズメント分野でVRが普及したのを皮切りに、住宅分野にも広がりをみせています。
離れた場所にあたかもいるような臨場感を得られ、「実際にその場にいるような」没入感を得られることも特徴です。

画像を360°ぐるぐる視点を変えて見ることができる“360°パノラマビュー”も、VRの一種。
当社の360°パノラマビューは、360度ビューに、撮影・編集・クラウドツールの提供を加えることにより、
様々な視点から室内の様子を見られることに加え、図面だけ/パノラマビューだけでは得られない情報と体験を提供しております。

 

 


VR×物件内見でできること


VR内見とは、その名の通り「VRの技術を活用した内見」のこと。
これまでは、まず店舗へ行き、店舗で紹介された中から気になった物件に実際に足を運び、実際に見て回る…というものでした。

たしかに、実際の物件に足を踏み入れ、実際に目で見て確認するという事はとても重要です。が、
時間も労力も必要ですし、意外と慌ただしくてゆっくり見られなかった、あとから気になる事が出てきてももう一回見に行くとなると大変…。
といったデメリットもあり、お客様への負担でもありました。

そこで、VR内見を活用すれば、
店舗で紹介された物件の中から気になるものを選ぶところまでは従来どおり。その後、時間や場所の制約なしに事前に撮影した物件の360度写真を活用することで、あたかもその物件にいるかのような感覚で内見ができてしまいます。https://s.smapano.com/clean-up-2

 

 


VR×物件内見のメリット


インターネット環境があればいつでもどこでも見学いただけますので、

・時間・場所の制約なし
・お客様同士の内見バッティングもなし

さらに、
スマートフォンひとつで自宅から内見することも可能。
(自宅から物件の内装や設備、間取りなどをバーチャル空間上で確認)
CG家具を部屋に配置しての「ホームステージング」

…などなど、物件を擬似体験して購入・賃貸を検討はもちろん、実際に内見する以上の情報を体験することができます。

 https://smapano.com/pano?flag=3&projectid=1597&locale=ja&code=12092,12093&start_scene=12093

 

VR×物件内見。物件の魅力アップのサポートにいかがでしょうか?
「VRって高そう…」「特別な機材とか必要?」「ちょっと興味がある」…等々、お気軽にお問い合わせください。