ちまたで何かと話題になっているVR内見にはさまざまなメリットがたくさんあります。実際に賃貸を探している人にとったアンケートで「部屋探しであると便利だと思う機能は?」の問に対してVRで内見が上位に入ることも増えています。VRの簡単なおさらいと導入するうえで必要になる、VRクラウドソフトについてご紹介していきます。


VRクラウドソフトとは


VRとはVirtual Realityの略称になり、日本語では仮想現実のことをいいます。VRはヘッドマウントディスプレイを頭に装着して、映し出された映像を楽しめます。

まるでその場に行っているような臨場感溢れる視覚世界を体験できることもあり、直接足を運ばずに内見できると話題になっています。希望する物件の室内の写真だったりCGを使って不動産の店舗もしくは自宅いながら、内見並の体験ができるようになります。

そんなVRですが、もともとは特殊な専用カメラだったり技術が必要なものになり制作するにも限られた人しかできないものでした。VRをもっと手軽に制作できるように作られたのが「VRクラウドソフト」になります。

VR内見システムを活用する為には、事前に3DのVR動画が撮影できる360°カメラで物件を撮影する必要があります。これをWEBにアップして希望者が内見する流れになります。お客様が知りたい物件の情報を360°カメラで事前に撮影しなくてはいけません。

不動産業界向けのVRソフトも数多く提供されていますので、VR内見を始めてみたいけど専門的な知識を持ったスタッフがいない…なんて人でも安心です。不動産業界にとっても時代がどんどん変わりゆくなか、いかに内見し契約を結んでいけるかどうかも重要です。VRの操作に慣れておけばいろいろな場面で活用できますし、集客にも繋がるなどメリットがたくさんありますよ。

 


VR内見を手軽にする、クラウドソフトとは


数あるVRクラウドソフトのなかでも、初心者に使いやすいものを厳選してご紹介します。どれにするのか迷ったときは選ぶ参考にしてみてくださいね。

・NODALVIEW(ノダルビュー)

日本のみならず世界20カ国で活躍している、Virtual内見アプリになります。石川県金沢市に本社を持つ企業で法人向けにはじめてリリースしたものになり、日本製ならではの安心感もありますね。スマートフォンと三脚、高機能レンズを用意するだけで簡単に360°写真が撮影できます。スマホを使って撮影できる気軽さもありますし、AIによる自動補正機能がついているので撮影にむらが出ません。非対面接客で使える、ライブ機能がついているので会話をして接客しながら内見の紹介もできるなど、使いやすさにも定評があります。

 

・Spacely(スペースリー)

VRクラウドソフトのなかでも人気があるスペースリーは、直感的な操作だけで高機能な写真が撮影できます。市販の360°カメラで撮影した写真をアップロードします。あっという間にVRコンテンツの制作をしたり、編集作業をしてくれます。

動きの滑らかさにも定評があり、高画質な画像処理によってサクサクと動きます。スペースリーオリジナルのゴーグルを着用して使いますが、140gの超軽量であること1,800円と負担の少ない価格帯なのも特徴です。

スマホに取り付けて使いますが、サポート面もしっかりとしているのでVRをはじめて導入したい人にとっても安心できるのではないでしょうか。

 

・NURVE(ナーブ)

「おうちでVR内見」という新しいサービスを導入したことで話題になっているソフトです。自宅からでなくても物件の内見ができるので、遠く離れた場所から物件を探したい人にとってもおすすめです。事前に不動産会社がナーブ社にVRキットの送付を依頼します。

その後、ナーブ社からエンドユーザー宛にキットが送られてきます。自宅で気軽に内見ができる分、新型コロナの心配もありません。自宅にいながらできる分、内見の数を上げたい企業にとっても大きなメリットになります。

月額のプランも手頃なので企業としての負担も少ないのが嬉しいですね。

 


VR内見をしたら実際に物件に足を運ばなくてもいい?


VR内見が珍しくなくなっている今、たしかに現地に直接足を運ばずに契約する人もいます。転勤や出張など遠方にあり行くのが難しい場合もありますし、時間が限られておりすぐに契約しておかないとすぐに埋まってしまうような好条件の物件になると、VR内見だけでも決める人もいます。

すべての人がVR内見のあとに実際に家に行き内見するとも限りません。もし心配な部分があったり、周辺の環境を重視したいのであればVR内見だけに限らず足を運ぶ方法でもいいと思います。満足できる不動産探しをするうえで、少しでも選択肢が増えるきっかけになればいいですね。

 

VR内見は、今後より市場を伸ばしていくはずです。VRでそんなにわかるの!?と心配される方もいますが、実際に覗いてみると本当にその場に行っているかのような臨場感のある体験もできます。

細かな部分の確認で物足りない部分はあるかもしれませんが、お客様にとっても不動産会社にとっても大きなメリットになるはずですよ。